パッチュさんのアルバム

H29,4,12 近所の家の解体現場で3.5cmのアカミミガメを保護しました。
H29,6,29 ペットショップから2歳のマレーハコガメを迎えました。

今日のパッチェさん(6/22)

こんにちは。

御無沙汰しておりました。


入院したり、紹介で仕事始めたり、引きこもりが酷くなったり、また年末に倒れたりと忙しく、気付いたら前回更新からもう少しで1年ぶりってところまで来ていました。


今度こそ、安定して更新できるようになりたいです。



今回の写真は今撮ったのですが、パッチェさんも昨年12月までに甲長が10cmを越えました。

大きさを分かりやすく見て貰えるよう頑張ってパッチェさんに手のひらn乗って貰いました。

私の手のひらは約15cmくらいです。

頭から尻尾まで入れれば、もう手のひらと同じくらいは大きくなったと思います。

次回更新ではパッチェさんの家である水槽の写真を載せようと思います。


本当は、デジカメ買って近所のネットカフェで更新しようかと思ったのですが、デジカメも最近はずいぶん安くなったのですね。

頑張れば私でも買えそうお手頃価格の商品もありました。

・・・が、デジカメ見に行ったついでにネットカフェも覗いてみると改装工事で閉店しており、改装後は別のお店になるそうで無くなってしまっていました。残念です。

でもデジカメは欲しいなぁ~(笑)


今はカメプロスとテトラレプトミンスーパーを中心に、乾燥川エビやメダカ、お刺身用の甘エビを食べています。

よく食べる子になりました。

私と違い、パッチェさんはもう病院とは無縁で元気に過ごしています。

このまま元気に長生きして欲しいですね。



次回は新しい家族も紹介したいと思います。

入院中など家を空けている時にパッチェさんたちの面倒を見ていてくれた方から保護した大きなニホンイシガメを1匹と春に生まれたばかりのウンキュウ(ニホンイシガメとクサガメの雑種の子)を1匹頂きました。

今日のパッチュさん(7/7)~七夕~

皆様、梅雨がそろそろ明ける時期だからでしょうか、

もう夏本番にまっしぐらな気分です。

熱中症にはお気を付けください。

また、心配してくださってる方々にはお礼申し上げます。

ありがとうございます。たぶん、今年は大丈夫です。

・・・と、言いたかったのですが、つい先程、水槽の水

を今日は全換えする為、玄関外の蛇口で15分くらい掃除

をしていたんですが鼻血を出して吐いてしまいました。

引きこもりは体力が無いですねぇ。


部屋はエアコン付けっぱなしなので室内は高くて27℃、

低くて24℃で、水槽はヒーター付けっぱなしなので水温

は常に28℃以上あります。

エアコンも除湿モードにしてますので、参考書やHPなど

で調べた範囲では快適だと思います。


不思議な事に水中で暮らすミズガメは湿度に弱い種類が

多いです。カメの七不思議の1つですね。


7/7 七夕~カリノ家では特に何か行事をしたことはありません。

千葉県では何か七夕行事はあるのでしょうか?

とりあえず、晴れて良かったですね。織姫と誰でしたっけ?


19時現在の室温25.1℃ 水温28.8℃

今日も8時からベランダで日光浴。

ご飯も三食しっかり食べた。

パッチュさんは今日も元気です。

最近、50年以上生きているミドリガメの話を聞きました。

ミズガメは平均25~30年生きると言われていますが、50年は凄いです。

でも、一番凄い事は50年以上お世話をして来た事です。


正に飼い主の鏡です。

サウイフモノニ ワタシハナリタイ

今日のパッチュさん(7/6)

今日は朝から良い天気。暖かい爽やかで穏やかな日です。

ベランダはまだ日が射す前でちょっと早いですが7時から日光浴開始。


19時現在の室温26.2℃(エアコン除湿付けっぱなし) 水温29.2℃


ルームメイトのこあさん(マレーハコガメ)ですが、元々カメの中では

とても穏和な性格で協調性の有る亀社会の優秀な種族です。


リクガメとミズガメの大きな違いは群れを成すか、仲間意識が有るか

ですが、リクガメはひっくり返った仲間を助けます。

リクガメは甲羅の盛り上がりがミズガメと比べて大きいので自分で起

き上がるのが困難です。

逆にミズガメは水中を泳ぐ為に甲羅が平たくなってるものが多いです。

ミズガメは同じ場所にたくさん居ても群れてる訳ではなく、あくまで

も自己中な生き方をします。

もちろん、どちらも野生の話で飼育下で生まれ育った個体がどんな性

格になるかは親(飼育者)次第です。


と、言うことでルームメイトについてですが、こあさんも新しい環境

に慣れてきたのかカメ本来ののんびりしたカメライフを満喫できてる

ように思います。

そして昨日パッチュさんがこあさんに求愛の時にする行動を数分だけ

しました。(その後は見られません)

どんな行動かと言うと、パッチュさんがこあさんの正面に回って顔と

顔がくっつくくらいの距離で手を顔の前に持ってきて手のひらをプル

プルと器用に振るわせます。気になる方は検索すると動画もあります。

パッチュさんはまだオス・メス不明です。そして求愛の行動はオス・

メスどちらも確認がされてます。メスは絶対やる訳ではないですが。


『求愛』 人の場合、愛にはいろいろな形があります。

人以外の動物の場合はどうなんでしょう?

私は考えました。(暇人なんで)

犬にだって猫にだってインコにだってカメにだって複数の形が在るん

じゃないでしょうか?

家族愛(飼い主とペットの関係)、友愛(ペット同士の関係)、求愛(子孫

を残す為の関係)、他にも思い付くものが有れば教えてください。


パッチュさんとこあさんは親子のようです。(あくまでも個人目線です)

お互いがお互いに気を配って共存生活をしてるように見えます。

相手を押し退けてまで何かしようとはしません。

(体格差からの巻き添えは有りますが)

陸地で日光浴する時も、ふたりで丁度定員ですが、場所を上手く譲り

合っています。水中でもお互い寄り添う事も多いです。

カメは脳が小さいからなつく事なくペットとして面白くない、飽きる、

長寿、大きく成り過ぎると言う理由からカメを飼うのは止めましょう

ってブログも世の中には少なくありません。

書いてる事に賛成はできます。確かに無責任な飼い主に飼われるくら

いなら飼わない方が良いでしょう。そういったブログの大半は批判で

はなく警告なのです。もちろん、全てのペットに言えるでしょう。


『無責任はダメ、絶対』

飼うなら最後まで責任を持ちましょう。

そして愛情をちゃんと与えてください。大事にしてください。


人と比べて脳が小さいからっと言って、生き物として何か違いが有る

訳ではありません。学習のペースが違うだけです。

そしてこれは人も同じでしょう。個人差が有って当たり前。誰かが出

来る事だってあなたは出来ないかも知れない。

私が出来ない事だってあなたは出来るかも知れない。

知的に障がいを持つ人たちだって同じです。ペースが違うだけです。

ちゃんと自分のペースで物を覚え、人を愛し、自分で考えて行動します。


ペットも人間も根っこは同じなのかも知れません。

人間だけが地球上で突起した超生命体という訳では無いはずです。


昨日、パッチュさんが吐きました。

海老4匹は多過ぎました。そりゃあそうだよね。

海老1匹が顔と同サイズ以上有るんですから。

でも元気です。私も学習しなくてはなりません。


本日最後に、バスキングライトで日光浴しているふたりを見てると体操選手そのものです!

手足を高らかに上げ、上を向き、優雅にポーズを取る、そんなふたりを見てて飽きません。